ヘレン・ケラーのスピーチ:吾妻ライオンズクラブ

吾妻ライオンズクラブ

 

 

>アイバンク > ヘレン・ケラーのスピーチ

 
 
 
1925年6月30日
オハイオ州セダーポイントにおける
国際大会
ヘレンケラー
ライオン及び淑女の皆さま
 

皆さんは、ある女性がすべてのドアを一度だけノックする機会を与えられ、ドアがすぐ開かないと死んでしまい、永遠に帰れなくなるという伝説を聞いたことがあると思います。その通りです。立派で奥ゆかしい女性は待ってはくれません。自分で出て行ってそういう女性をつかまえないといけません。

私はあなた方にとってのその「機会」なのです。私はあなた方のドアをノックしています。私は養子にして頂きたいのです。伝説では、いくつかの美しい「機会」が同じドアに同時に現れた場合に、ドアを開けた人は何をすべきかを語っていません。恐らくは、いちばん好きなものを選ばなければならないでしょう。私 を選んで頂きたい。この中では私がいちばん若く、私は奉仕のための素晴らしい機会をいっぱい差し上げることが出来ます。

私、つまりアメリカ盲人基金はまだ4歳にしかなりません。この基金は盲人たちのやむにやまれぬ必要性から生まれたもので、目の見えない人々自身が生み出し たものです。その規模も重要性も、国内にとどまらず国際的なものになろうとしております。この基金は私どもについてこれまでに到達した最善かつ最も思慮深 い考え方に基づくものです。この基金は、盲人たちの経済的価値を高め、彼らに普通の活動を行う喜びを与えることによって、どこにいてももっと有意義な生活 を送ることが出来るようにすることを目的としています。

今、突然に失明したらどう感じるか想像してみてください。昼間も夜のように暗く、つまずいたり手探りしたりする姿を思い描いてください。仕事も独立心もな くなってしまいます。そういう暗黒の世界で、友人があなたの手を取って、「一緒にいらっしゃい。あなたがまだ目の見えていた時にやり慣れていたことの一部 でもやり方を教えてあげましょう」と言ってくれたら、うれしくはありませんか? アメリカ盲人基金はこの国のすべての盲人たちに対してまさにそういう友人 になろうとしており、目の見える人々に基金を支援して頂ければ、必ずそうなれます。

他の人の指先からこぼれ落ちたちょっとした言葉や他の人の魂から出た一条の光が暗闇に包まれた私の心をいかに開いてくれたか、またそれによって私がいかに 自分自身を、世界を、そして神を知り得たかについてお聞きになっていると思います。私が自分自身のため、またほかの人々のために働くことが出来るのは、私 の教師が私のことをよく知り、暗黒?私を押し込めた音のない牢獄?を打ち破ってくれたからです。私たちが望むのはお金よりも心です。思いやりも関心も感じ られない贈り物はからっぽの箱に過ぎません。あなた方に思いやりの心を持って頂ければ、私たちがこの偉大な国の人々に思いやりの心を持たせることが出来れ ば、盲人たちは間違いなく盲目に打ち勝つことが出来るでしょう。

私がライオンの皆さんに持ってきた「機会」は、アメリカ盲人基金の仕事を支え、スポンサーになるということです。予防可能な失明も、教育を受けられない言 語障害や盲目の子供も、支援を受けられない盲目の男女もいなくなる日が早く来るように私を手伝っては頂けませんか? 目が見え、聞くことが出来、力強く、 勇敢な、親切で優しいライオンの皆さんに訴えたい。盲人のために暗闇と戦う十字軍の騎士になる気はありませんか?

ありがとうございました。

 
吾妻ライオンズクラブ事務局
〒377-0422 群馬県吾妻郡中之条町青山445-2
Copyright © 吾妻ライオンズクラブ All rights reserved