アイバンク:吾妻ライオンズクラブ

吾妻ライオンズクラブ

 

 

>アイバンク

 
 

アイバンク支援活動

 

1925年(大正14年)6月30日、アメリカ・オハイオ州セダーポイントで、ライオンズクラブ第9回国際大会が開催され、ゲストに招かれたヘレン・ケラーの『視覚障害者の保護と救済』のスピーチが聴衆の心を動かしました。
これをきっかけに、ライオンズクラブの主力事業となった「視覚障害者福祉」「視力保護」活動は、今日まで連綿と受け継がれています。

 

アイバンクとは

 

アイバンクは、角膜を提供してくださる方にドナー登録をお願いし、角膜を提供する人から受ける人へスムーズに移行されるよう、あっせんするところです。
「財団法人群馬県アイバンク」は、1979年(昭和54年)3月に群馬県知事の許可を得て設立され、同年11月に厚生大臣許可を受けました。
吾妻ライオンズクラブは、病気や外傷のため角膜を痛め失明されている方々に、光を取り戻していただけるよう、アイバンク活動を支援しています。

 

角膜移植とは

 

角膜は黒目の表面を被っている透明な膜です。角膜が病気や外傷によって濁ってしまうと、光がさえぎられて物が見えなくなります。この濁った角膜と透明な角膜を取りかえる手術を角膜移植といいます。

 

移植の材料

 

移植に使う透明角膜は、亡くなられた方の眼球から提供を受けます。角膜さえ透明であれば、近視や乱視でも、「そこひ」の目でも、老幼を問わずに角膜移植ができます。ただ、伝染のおそれのある病気や、変死の場合は使えないことになっています。

 

角膜移植のできる方

 

目の見えない人が、角膜移植の手術を受ければ誰でも視力が回復するようになるというわけではありません。角膜の部分だけが悪いために、目が見えないとい う方に限られます。移植した方がよいかは眼科医の診断によりますが、この手術によって大きな効果が期待できます。

 

「アイバンク」への登録手続き
(費用は一切かかりません)
1. 吾妻ライオンズクラブへ「登録はがき」郵送のお申し込みをしてください。
ここをクリックすると、「アイバンク登録はがき」郵送申し込みフォームを表示します。
2. お申し込みいただいた方に「登録はがき」を郵送いたします。
3. 届いた「登録はがき」に必要事項を記入し、返信してください。
4. 1〜2週間後、アイバンクから「献眼登録カード」が郵送され、手続き完了となります。「献眼登録カード」は常時携帯してください。
実際の提供は、ご家族・親族の意思により決定されます。
健康な角膜なら近視や乱視のかたであっても提供者になれます。

 

提供方法

 

登録されている方が、お亡くなりになりましたら、直ちにお知らせください。
ご連絡後直ちに医師がお伺いします。角膜をいただいた後は義眼を入れますので、顔の形が変わる等の心配はありません。遺体からの角膜摘出は、死後10時間以内(6時間以内が理想的)に行なうことが必要です。摘出に要する時間は30分ぐらいです。
摘出時、近親者の方に、承諾書にサインをしていただきます。感染症検査のため、ご遺体から少量の採血をさせていただきます。

 

群馬県アイバンク 献眼時連絡先
■群馬県アイバンク TEL:027-237-5008
■群馬大学眼科   TEL:027-220-8341

いただいた角膜は移植を待っている方の目となって
いつまでも生き続ける事となります。

 
吾妻ライオンズクラブ事務局
〒377-0422 群馬県吾妻郡中之条町青山445-2
Copyright © 吾妻ライオンズクラブ All rights reserved